2020年1月19日
説教題 「恵みの深みへ」
聖書箇所 ルカによる福音書第5章1節~11節
説教者 安井 光 師

 イエスがゲネサレ湖畔(ガリラヤ湖)におられた時、群衆が御言葉を聞こうとして押し寄せてきました。イエスは岸辺で網を洗っているシモン・ペテロをご覧になり、彼の舟に乗り込み、そこから人々に語られました。イエスは不漁で心身共に疲れ切っていたペテロをご存知でした。

 イエスはペテロに「沖へこぎ出し、網をおろして漁をしてみなさい」と言われました。ペテロは「先生、わたしたちは夜通し働きましたが、何も取れませんでした」と、イエスに現状を訴えました。ペテロにはイエスの言われることが無意味に思えたでしょう。「しかし、お言葉ですから、網をおろしてみましょう」とペテロは、イエスの御言葉に従いました。そうしたところ、「おびただしい魚の群れがはいって…船が沈みそうにな」るほどの大漁となったのです。

 私たちの日々の生活にも、夜通し働いたが何も取れず、空しく網を洗うというような徒労があります。そのような現実の只中で、主は御言葉を私たちに語られます。その多くは主の招きの言葉や勧告ですが、すべての御言葉に祝福の約束が伴っています。御言葉を信じて従う時に、驚くような祝福を経験することになるのです。主は私たちを恵みの深みへと導かれるのです。

 御言葉による大漁を経験したペテロは、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者です」とイエスの足元にひれ伏しました。ペテロは神の聖なる臨在に触れて、自分が何者であるのかを示されたのです。そして「先生」から「主」に、イエスとの関係に変化が生じました。イエスは罪の赦しを宣言する如くに、「恐れることはない」とペテロに言われ、「今からあなたは人間をとる漁師にとなるのだ」と神による新しい使命に生きるよう召されたのです。

 ペテロは「いっさいを捨てて(握っていたものを明け渡して)イエスに従」いました。イエスと共に歩む全く新しい人生をスタートさせたのです。ペテロは使徒となり、初代教会の指導者となりましたが、一足飛びにそうされたのではありません。イエスの弟子として、神の子として成長していくことが必要でした。御言葉に従い、神の恵みを深く味わい知ることをとおして霊的に成長していったのです(ヨハネ21章、使徒行伝10章等を参照)。

 主は私たちも恵みの深みへと召されます。主の恵みは、人知で測り知ることができないほどに深いのです。主に明け渡し、恵みの深みへと導いていただきましょう。

2020年1月12日
説教題 「共に生きる教会」
聖書箇所 ローマ人への手紙第12章3節~8節
説教者 安井 光 師

 クリスチャンは共に生きるように主に召されています。主と共に生きるとともに、主にあるお互い(兄弟姉妹)と生きる存在です。信仰生活は神との関係(12:1-2)とともに、クリスチャン相互の関係が不可欠です。パウロは、主にあるお互いが主の体(教会)の肢体として、互いに思い合い仕え合って生きるように命じています。

 クリスチャンには神を思う心が与えられています。キリストに贖われた者は、自分の思いではなく神の御旨を求めていかなくてはなりません(2節)。それとともに、クリスチャン相互の関係において、「思うべき限度を越えて思いあがることなく…慎み深く思うべき」です。「神が各自に分け与えられた信仰の量りに従って」、主なる神を思い、主にあるお互いのことを思い合うのです。各自に与えられている信仰の程度に応じて、賜物を主の栄光のために、お互いのために用いていくのです。主にあって抱いているのと同じ思いを、お互いの間でも生かすべきなのです(ピリピ2:1-5)。

 教会は主イエス・キリストの体であり、私たちクリスチャンはその肢体です(エペソ1:23他)。この「一つのからだ」は、一つの御霊によって生かされ、一つの思いを与えられ、一つの信仰と希望を抱いています(エペソ4:4-)。この「一つのからだにたくさんの肢体がある」のです。ただ、人体における肢体が「みな同じ働きをしてはいないように」、私たちも皆同じではなく、同じ働きをするのではありません。「からだの中に分裂がなく、それぞれの肢体が互にいたわり合うため」に、教会にはたくさんの肢体があるのです(Ⅰコリント12:14-27)。肢体である私たち一人ひとりが、教会の頭である主の御旨に従い、各自に与えられている「異なった賜物」を互いに生かし合い、一つのキリストの体の成長を願い完成を目指すのです。それが神の求めておられるクリスチャンの姿、教会の姿なのです。

 私たちは主の体であり、主の体の肢体として私たちは共に生かされています。主は私たちのために何をして下さるかを問うだけでなく、私たちは主のために 主の体であるお互いのために何をさせていただけるかを問うていかなくてはなりません。私たち一人一人が主の体を構成しています。主から与えられている賜物を 主にある自らを 主の御業と栄光のために お互いのために用いさせていただきましょう。

2020年1月5日
説教題 「主はあわれみ深い」
聖書箇所 ルカによる福音書第1章57節~80節
説教者 安井 光 師

 ザカリヤとエリサベツに男の子が誕生しました。彼らには子がいなかったので、近所の人々や親族は、主が大きなあわれみを彼女におかけになったのだと喜びました。二人はその子を「ヨハネ」(「主は恵み深い・あわれみ深い」の意)と名付けました。主なる神はそうするようにと、あらかじめ彼らに示しておられました(13節)。主はヨハネの誕生をとおして、ご自身があわれみ深い方であること、恵みと慈しみ豊かな神であることを示されたのです。

 ザカリヤとエリサベツは、自分たちに与えられた男の子が罪人なるイスラエル人を主に立ち返らせる者となり、救い主に先立ってその道備えをするようになるという神のご計画に、主の深いあわれみを感じ取りました(15-17節)。はじめは、ザカリヤも主の御告げを素直に受け入れることができず、エリサベツも個人的な恵みとしてしか受け取ることはできませんでした。二人は数ヶ月の期間、御言葉を心に思い巡らしながら、少しずつ主の愛と恵みの大きさを知るようになり、罪人に向けられた主のあわれみ深さを悟るようにされたのです。

 ザカリヤはあわれみ深い主を賛美しました(68-79節)。「神はその民を顧みてこれをあがな」うために、「救の角を…ダビデの家にお立てになった」こと。「神はわたしたちの父祖たちにあわれみをかけ…聖なる契約…をおぼえて、わたしたちを敵の手から救い出し、生きている限り、きよく正しく、みまえにおそれなく仕えさせてくださる」こと。ザカリヤは、全イスラエルにかけられた主のあわれみを心にとめ、主をほめたたえました。ザカリヤは、ヨハネが救い主のために道を備え、「罪のゆるしによる救を、その民に知らせる」者となることに、「神のあわれみ深いみこころ」を見たのです。救い主がまことの光(ヨハネ1:5)となって「暗黒と死の陰とに住む者を照らし…平和の道に導く」ことを知らせ、主を崇めたのです。

 神のあわれみは、イエス・キリストをとおしてこの世界に明らかにされました。イエスの救いにあずかった者たちは、あわれみを真に知る者たちです。私たちは自らの救いの経験の中に、あわれみを見させていただきましょう。御言葉を味わう時に、また主が私たちの人生に生きて働かれる経験をとおして、いよいよ主のあわれみ深きことを知らせていただきましょう。そして、恐れなく主に仕え、主をほめたたえ、あわれみ深い主を証ししつつ、この年も歩ませていただきましょう。

2019年12月29日
説教題 「見よ、神の小羊」
聖書箇所 ヨハネによる福音書第1章19節~37節
説教者 安井 直子 師

 エルサレムのユダヤ人たちから遣わされた祭司やレビひとたちは、人々に罪の悔い改めを求め、悔い改めて神に立ち返ったしるしとして水でバプテスマを授けていたバプテスマのヨハネに対して「あなたはどなたですか」と尋ねました。人が人の罪の赦しを宣言するということは、神から遣わされた者としての権威がなければ出来ないことでした。人々は「お前は何者だ」と言わんばかりの不信感を持って質問してきたのです。

 そこでヨハネは「わたしはキリストではない」(20)と答え、その後順々に問答が続きます(キリストでも、エリヤでも、あの預言者でもない)。「わたしは預言者イザヤが言ったように、『主の道をまっすぐにせよと荒野で呼ばわる者の声』である」(23)と告白しました。声に徹することで救い主イエス・キリストに人々の心を向けさせようとしました。「では、あなたがキリストでもエリヤでもまたあの預言者でもないのなら、なぜバプテスマを授けるのですか」(25)と問い詰める人々に対して「わたしは水でバプテスマを授けるが、…わたしはその人のくつのひもを解く値うちもない」(26)と自分はどんな者であるかを語りつつ、自分と比較しながらイエスのことをあかししています。私たちがイエスを信じて生きるとは、ヨハネのようにイエスをあかししつつ生きることなのです。イエスこそがまことの救い主であることを信じ、そのお方を周囲の人々に指し示していくことです。

 ヨハネはイエスが自分の方に向かって来られるのを見て『見よ、世の罪を取り除く神の小羊』と声を上げます。「見よ」それは、このお方に顔を向け、心の照準を合わせることです。ヨハネは自分の後に来られるイエスが、自分よりも先におられた方であり、まことの神であるとあかししました。「神の小羊」とは、旧約時代に律法において人々の罪を贖うために、傷のないおびただしい数の小羊がいけにえとして屠られ(殺され)ました。しかし「神の小羊」は世の罪のために十字架の上で完全ないけにえとしてご自分をささげるために、人となりこの世に来て下さいました。それがクリスマスの出来事なのです。ヨハネの「見よ、神の小羊」の言葉に、そばにいた二人の弟子がイエスについて行きました。バプテスマのヨハネのようイエスに心を向けて、誰かをイエスに引き合わせるような証人になることが、罪から救われた私たちに委ねられた使命ではないでしょうか。

2019年12月22日
説教題 「博士たちの冒険」
聖書箇所 マタイによる福音書第2章1節~12節
説教者 安井 光 師

 アドベントは、イエス・キリストの降誕を祝うクリスマスを待つ期間です。英語の「アドベンチャー(冒険)」は「アドベント」から派生した言葉です。冒険するようにして、神が人となってこの世にお降り下さった出来事、それがクリスマスなのです。東方の博士たちも冒険をしました(1-12節)。彼らの姿には、クリスマスの出来事を知った者がたどる三つの冒険が示されています。

 東方の博士は占星術師で異教徒でした。彼らは不思議に輝く星をとおして救い主の誕生を知り、遠いバビロニヤからユダヤに向けて救い主を探す冒険を始めました。輝く星だけを頼りに幾日もかけて旅をし、エルサレムに辿り着きました。彼らはユダヤの王ヘロデの宮殿を訪ねましたが、そこに救い主はいませんでした。旧約聖書の預言をとおして、救い主はベツレヘムに誕生することを知り、博士たちは〝救い主に至るための冒険〟を続けたのです。

 輝く星は博士たちを救い主のもとに導きました。彼らは遂に探し求めてきた救い主を見つけたのです。彼らは、幼子イエスを「ひれ伏して拝み、また、宝の箱をあけて、黄金・乳香・没薬などの贈り物(博士たちの商売道具だったとも考えられている)をささげ」ました。彼らは幼子イエスを救い主と信じ、幼子の前に自分たちのすべてを投げだし、また自分たちが犯してきた罪を精算するようにして礼拝をささげたのです。それは冒険とも呼べる行動でした。博士たちは〝救い主を信じる冒険〟をしたのです。

 救い主を礼拝した後、博士たちは「他の道をとおって自分の国へ帰って行」きました。彼らはヘロデのような神逆らう道(13-16節)に戻ることを避け、神に従い、救い主と共に生きる新しい道を選んだのです。彼らは「自分の国」へ帰りましたが、占星術や偶像礼拝に逆戻りするのではなく、イエスを救い主と信じる信仰を抱きながら、自分の国で〝救い主と共に生きる冒険〟をしていくのです。

 私たちは救い主イエスに至る冒険をし、この救い主を信じ、この方と共に生きる人生の冒険を続けています。この冒険は退屈なものではなく、ワクワクさせるような楽しい冒険です。この冒険をとおして、私たちは神の国に入り、永遠の命を得ることができるのです。試練や困難もありますが、救い主イエスと共に生きるこの冒険には神の祝福が約束されています。主イエスを崇めつつ、また主に導かれながらこの冒険を続けましょう。

2019年12月15日
説教題 「神の愛のメッセージ」
聖書箇所 イザヤ書第43章1節~7節
説教者 安井 光 師

 預言者イザヤは、神からメッセージのイスラエルの民に告げ知らせました。それは、「あなたを創造された主」「あなたを造られた主」の言葉でした。聖書は、人間に向けて書かれた神のラブレターと言われます。遠い異国の人々のことが書かれた昔話ではなく、今を生きる私たちすべての人に語られた神の言葉なのです。私たち人間をご自分のかたちに創造された神(創世記1:27)が、私たち一人一人に語りかけておられるのです。

 「恐れるな」と神は言われます。そう呼びかけることによって、神を見失い、また神に背を向けて恐れ慄いている者たちに向かって、ご自身が真の神であることを示されます。「恐れるな、わたしはあなたをあがなった。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのものだ」と言われるのです。「あがなう」という言葉には、代価を払って買い取る・買い戻すという意味があります。神の許を離れ、人間の手で作られたものを神の如く崇め頼り、自らの存在をそれらに売り渡していたような罪深い者たちを神は贖おうとなさったのです。

 神はイスラエルを贖うために、「わたしはエジプトを与えてあなたのあがないしろとし、エチオピヤとセバとをあなたの代りとする」と言われました。エジプトのような大国がイスラエルの身代金になるというのは法外なことでした。どうしてそこまでなさるのでしょうか。神はこう言われるのです、「あなたはわが目に尊く、重んぜられるもの、わたしはあなたを愛するがゆえに、あなたの代りに人を与え、あなたの命の代りに民を与える」と。

 神は、ご自分に象って創造された私たち一人一人を高価で尊いもの、最重要な存在として見ておられます。神は今から二千年前、ユダヤのベツレヘムに独り子を救い主として誕生させて下さいました。このクリスマスの出来事に、この世に対する神の愛が明らかにされています。神に向かって罪を犯す私たち罪人のために、神は大切な独り子イエスを与えて下さったのです。イエス・キリストは、神が私たちを愛する故に、私たち罪人を贖うためにお与えになった神の愛が込められたプレゼントなのです(ヨハネ3:16、Ⅰヨハネ4:9-10)。

 神は今も変わらず、愛をもって私たち一人一人に語りかけておられます。この神の愛のメッセージをしっかりと心に受けとめたいと思うのです。

2019年12月8日
説教題 「神を信じること」
聖書箇所 使徒行伝第17章22節~31節
説教者 安井 光 師

 世の中には、神を信じる人と信じない人がいますが、神が存在することを漠然と信じている人もいれば、よく分からないので神を信じないという人もいるかもしれません。どんな神様をどのように信じているかは大事です。

 古代ギリシャの中心都市アテネには、おびただしい数の偶像が祭られていました。アテネの人々は、自分たちの思いつつ限りの神々を祭っていましたが、それから漏れてしまった神がいたらよくないと思い、「知られない神」のためにも祭壇を作り拝んでいたのです。

 日本では八百万の神々拝まれています。拝む対象は何でもいい、肝心なのは信じる心だと考える人も多いでしょう。信じることは人間関係においてもなされますが、信じられる人というのは、その人のことを自分自身がよく知っている人だと思います。知らない人、よく分からない人を信じることは普通できません。神の場合も、「信じる気持ちが大事だ」ということにはならないでしょう。つまり最も大事なのは、信じる「心」よりも信じる「神」が何者かということになります。

 神を信じないという人も、困難な状況、危機的な状況に置かれる時には、「誰か助けて!」と心の奥底から叫びをあげると思います。それが「宗教心」「信心」でしょう。神を信じる心は、既に私たち一人一人に与えられているのです。助けを呼び求める「誰か」こそ、「知られない神」であり、多くの人々が「知らずに拝んでいるもの」なのです。

 使徒パウロはアテネの人々に、それは「この世界と、その中にある万物とを造った神」と伝えました。唯一の真の神は、人間の手で作られるものでなく、人間の考えで次々と生み出されるものでなく、天地万物を創造し、人間を造り、命と万物を与えて生かし、この世界を支配しておられる神なのです(24-28節)。このお方を信じ仰ぎ、信頼すべきなのです。聖書がいう信仰とは、神との交わり、神との関係性であり、信じる者の生き方と結び付いているのです。

 神は私たち人間にとって天の父なる方です。人間をご自分に象って造られました(創世記1:27)。親が子を愛するように、私たち一人一人を愛しておられます。神は私たちから「遠く離れておいでになるのではない」のです。「熱心に追い求めて捜しさえすれば、神を見いだせるようにして」おられるのです。神は御子イエスをとおして、ご自身の愛と真実を明らかにして下さいました。ぜひこのお方に心を向けてほしいのです。

2019年12月1日
説教題 「救い主は小さい者のところに」
聖書箇所 ミカ書第5章1節~4節
説教者 安井 光 師

 預言者ミカは、ヨタム、アハズ、ヒゼキヤが南ユダ王国を治めていた時代(BC8世紀)に活動しました。その頃、イスラエルは南北に分裂し、南北両王国とも富と繁栄を誇っていました。ところが信仰的には荒廃し、人々は偶像礼拝に陥り、霊的に堕落し、危機的状況にありました。ミカは両国に押し迫っていた危機を察知し、エルサレムとサマリヤ(両国の首都)の人々に対して神のさばきについて語りました(1:1-9)。それとともに、神の救いのご計画を示され、救い主誕生の預言をしたのです(5章)。

 ミカは、救い主がベツレヘムに誕生することを預言しました(2節)。「ベツレヘム・エフラタ」は、エルサレムの南にある寒村でした。しかしその「小さい者」の中から、「イスラエルを治める者が…わたしのために出る」と神は約束されました。これは「昔から、いにしえの日から」神がご計画しておられたことでした。この救い主は神の民を平安のうちに導く者となり、その支配は「地の果てにまで及ぶ」と言われました(4節)。この預言のとおり、イエス・キリストはベツレヘムにお生まれになったのです。

 ベツレヘムはダビデ王の出身地でした。ダビデはエッサイの末息子で、自らも小さい者であることを自覚していましたが、神はそんな小さなダビデを選ばれました(Ⅰサムエル16:12、18:18)。ベツレヘムもダビデも小さい存在でしたが、神は御心に留められ、特別に憐れみをかけられました。神は御子イエスを世の救い主として、ダビデの家からベツレヘムに誕生させたのです(マタイ2:5-6、ルカ2:11)。イエス・キリストは、小さい者、取るに足りない者、無きに等しい者、私たち罪人を救うために、小さい者のところにお生まれになったのです(Ⅰコリント1:26-28)。

 新聖歌84『ああベツレヘムよ』の四節に、「ああベツレヘムのきよき御子よ 今しもわれらに降り給え 心をきよめ宮となして 今よりときわに住まい給え」とあります。この歌詞には、私たちがクリスマスをどのように迎えるべきかが示されています。ベツレヘムの羊飼たちのように、謙って救い主イエスを心にお迎えしようではないでしょうか。今からのち永久に、わが心に、小さき者の中にお住み下さいと祈りたいと思います。また、救い主誕生の良き知らせを告げ知らせてまいりましょう。

2019年11月24日
説教題 「イエスの逮捕」
聖書箇所 ヨハネによる福音書第18章1節~11節
説教者 安井 直子 師

 イエスがケデロンの谷の向こうにある園に行かれた時、裏切り者のユダがローマの兵士や祭司長・律法学者の下役どもを引き連れ、イエスを逮捕するために来ました。イエスはすべてを承知しておられて、ご自分の方から進み出て彼らに言われました。「だれを捜しているのか」。彼らが「ナザレのイエスを」と答えると、イエスは「わたしが、それである」(6節)と答えられました。彼らはイエスの毅然とした言葉と態度に驚き、圧倒されて地に倒れた者もいました。

 ヨハネ福音書だけが、イエスが弟子たちを守るために毅然として敵に立ち向かわれた様子を記しています。今この時も、悩み・苦しみの中にいる方がおられるでしょう。イエスは、暗闇の中で敵に取り囲まれているように、私たちがどんな状況に置かれるようなことがあっても、私たちの前に立って「わたしが、それである」「わたしこそ神である」とご自身を表し、私たちを悪から守り救って下さるお方です。

 イエスと共に死ぬ覚悟であったペテロは、イエスを守ろうとして剣を抜き、大祭司の僕に切りかかりその僕の右耳を切り落としました。主をお守りしたいというペテロの熱意と勇気は立派と言えますが、やはり浅はかで衝動的行動に過ぎません。するとイエスは「剣をさやに納めなさい。父がわたしに下さった杯は、飲むべきではないか」と言われ、神のご計画がなるように、神に委ねなさいと言われたのです。

 私たちも試練や危機的状況に置かれた時、自分から行動を起こして、無理やり決着をつけようとしてしまうことはないでしょうか。しかし私たちはまず、神を信頼し、神にお任せすること、お委ねすることが大切です。イエスご自身が「敵を愛し、迫害する者のために祈れ。」(マタイ5:44)と語られたように、最後まで徹底して父なる神の愛と平和を貫き通されたことを覚えたいと思います。

 イエスは、父なる神から与えられた使命のため、私たちの罪を背負って十字架にかかるために、自ら進み出て「わたしがそれである」と言われました。そしてエルサレムを目指して進まれ苦難を受け取られました。仕方なくでも嫌々でもなく、後になって全ての人を罪から滅びから救う喜びに変わるものだと確信しておられたからです。災いと思えるようなことがあっても、必ず素晴らしい祝福に変わるのです。イエスの教えに感謝し、神から与えられる杯を、信仰を持って受け取ることができるようになりたいと思います。

2019年11月17日
説教題 「小さき者のひとりに」
聖書箇所 マタイによる福音書第25章31節~46節
説教者 安井 光 師

イエスは再臨なさる終わりの日に、「羊飼が羊とやぎを分けるように」、御国を受け継ぎ 永遠の生命に入る者とそうでない者に選り分けると言われます(31-35、45節)。生きている者も死んだ者も、ユダヤ人も異邦人も、信者も未信者も、「すべての国民」を御前に集めて審きを行われるのです。

 何を判断基準に選り分けるのでしょうか。それはイエスに対してなされた愛のわざによってでした。全世界を統べ治めておられる「王」なるイエスは、すべての国民が小さな愛のわざに生きたかどうかを見ておられるのです(35-36節、42-43節)。本人たちも気づいていないような小さな愛のわざを、この王は見ておられるのです。「小さい者のひとり」にしたわざを、ご自身にしたのと同じこととして見ておられるのです(40節)。

 聖書は信仰義認を教えていますが(ローマ3-4章)、結局は愛のわざや善い行いによって、天国に入るかどうかがはかられ、振り分けられてしまうのでしょうか。そうではありません。イエスが求めておられるのは信仰です(ヨハネ3:16、14:1、ヘブル11:6)。ただその信仰を吟味なさるのです。イエスを信じるというのは、イエスの十字架の贖いを信じ、復活の命と希望を信じることです。「信じた」という過去の出来事で終わらず、今現在、私の神、私の救い主と信じて生きること、終わりの日に世に来られるのを待ち望みながら生活することです。信仰は小さい者を愛し敬うという生き方となり生活となるということを、イエスは教えておられるのです。

 小さい者を愛されたのは、他ならぬイエスご自身でした。イエスを信じる者はイエスを愛します。イエスを愛し敬うなら、小さい者たちを自ずと愛し敬うことなる。イエスにしていると思わないまでに、そうするはずなのです。私たちがそうする前に、イエスが私たち(小さい者)を愛し尊んでおられる事実を忘れてはいけません。主を愛し、隣人を愛することは、主の命令ですが、強いられてではなく、愛された者としてさせていただけるのです(申命記10:12-22)。

 主イエスは私たちが主の愛を信じて生きることを求めておられます。私たちの生涯に目を注ぎ、小さい愛のわざに心を留めておられます。意識しないままに小さいひとりを愛し重んじることができますように、私たちは主の愛を信じ、主の愛に生かされてまいりましょう。